【営業情報を分かりやすく管理】顧客管理システムを使うメリットとは

男女

名刺で売上げアップ

パソコンを操作する人

名刺をデジタル管理

名刺は会社にとって大切な資産です。しかし、現状の名刺管理は、個人任せで会社で管理出来ていないのが、ほとんどの会社の実情だと思います。名刺を会社で集約管理するのは、個々人の名刺をデータ化する必要があります。今までは、名刺をデータ化しようと思うと、個人が住所録に入力したり、会社で管理するために、エクセルで共同編集したりと、デジタルデータ化に、貴重な社員の労働力を必要としていました。これを一気に解決する方法があります。sansanの導入です。sansanは、名刺管理の中でもトップシェアで、評判も非常に良いです。sansanで出来ることを紹介していきます。評判ポイントの一番目は、名刺をスマートフォンなどでスキャンするだけで即時にデータ化、その上、データ化の精度は99.9%と非常に高いことです。名刺は一度データ化してしまえば、検索が自由です。今までのように、紙の住所録から探す時間が不要になります。お客様との名刺交換、商談後スキャン、それだけでデジタルデータの住所録が完成します。しかし、sansanの評判の良さは、この先にあります。デジタルデータは、個々人のデータではなく、会社のデータとして集中管理されています。自動的にお客様の組織図を作成したり(名刺の役職を読み込んでいます。)社内のどの人間は、どの会社の誰と接点があるのかもわかります。また、過去からのデータも蓄積するので、営業先のキーマンの部署の変遷や、役職の変遷のデータも蓄積しています。名刺=人という考え方が、sansanにはあります。その考え方が、評判の良さの秘密かもしれません。しっかりと、キーマンをフォローして売上げアップを実現できます。