【営業情報を分かりやすく管理】顧客管理システムを使うメリットとは

男女

営業マンの負担を軽減

スーツの人達

成果につながる日報

社内でも営業を担当している社員は外回りの仕事が多く、1日の行動がなかなか把握しにくいものです。そのため多くの企業ではそうした社員に対して営業日報の作成を義務付けており、社内からでは見えにくい業務内容を把握するように努めています。そのような目的で書かれる営業日報は単なる行動記録に陥りやすく、営業活動の改善や成果の向上といった目的には十分に活用されていません。作成する社員にとっても1日の営業活動が終わってから帰社してパソコンに向かうことになり、大きな負担となっているのです。このような問題点を改善するためには営業日報を作成する労力を軽くし、なおかつ社内で情報共有できるようにする仕組みづくりが欠かせません。営業日報は営業活動の貴重な記録でもあるのですから、商談の進捗状況や競合状況・新規顧客の開拓といった情報を社内共有できれば活用の幅が大きく広がります。上司からの適切なアドバイスによって商談の成約率向上も期待できるようになるばかりでなく、経営陣までが一体となった強力な営業活動さえも可能にするのです。SFAとも呼ばれる営業支援ツールは営業日報の作成支援機能を備えており、社員が外出先の空き時間を利用してスマートフォンから日報を入力することもできます。営業支援ツールを導入することで社員の業務負担が大幅に軽減されるだけでなく、入力された情報は社内で効率的に共有可能な状態となります。商談の進捗状況を随時確認しながら上司が過去の成功事例と照らし合わせ、外出先の社員にその都度適切なアドバイスをするような使い道も考えられるのです。このような使い方をすることで営業日報が最大限に生かされ、成果拡大から業績アップへとフィードバックされていきます。社員が入力しやすい営業日報ほど利用価値の高い情報を生み出し、全社が一丸となって見込み客にプッシュをかけるような営業戦略にも効果的に活用されているのです。