【営業情報を分かりやすく管理】顧客管理システムを使うメリットとは

女性

営業マンの負担を軽減

従来の営業日報は単なる行動記録にとどまりがちで、作成する営業担当の社員にとっても負担が大きいものでした。営業支援ツールを導入することで営業日報作成の手間が軽減され、社員も営業活動に専念しやすくなります。そうした営業日報は上司も管理が容易なため成果につながり、業績改善の貴重なヒントも提供してくれます。

営業情報やデータの一元化

男性

企画や開発部門も活性化

企業が事業の拡大をはかる時に重要なのが営業力です。個々の営業マンの努力や能力も大切ですが、営業によって得られたデータや情報を一元化する必要があります。そのために導入すべきなのが顧客管理システムです。一元化することによって、営業部門以外の商品企画や開発部門のスタッフもデータや情報を共有できます。具体的にどのような流れで顧客管理システムが導入されるかというと、まず営業マンが持っている情報やデータを入力して、自動的にリストを作成していきます。特に顧客の電話番号やメールアドレスなどのリストを作成します。これによって、必要な顧客データがすぐに検索できるようになります。顧客管理システムでは顧客へのアンケート履歴を営業や開発に活かせるように一元化します。営業では必ず顧客アンケートを実施しますが、それらの履歴をシステム化することによって必要な時に閲覧することができるようになります。また電話営業というのも重要な営業力になります。顧客管理システムを導入すれば、電話の内容やその時のメモやフォローなども記録して保存することが可能になります。電話の場合はその場限りで忘れ去られてしまうことが多いですが、顧客管理システムなら全てをデータとして保存できます。また顧客に対して提出した見積もり書や請求書などもデータベースに残すことができるので、あとから参考にする場合にも簡単に印刷して取り出すことができます。このように営業力をより全社的に活用できるのが、顧客管理システムの大きな特徴です。

設営を業者に依頼する

商品やサービスを紹介する展示会のディスプレイは、展示会施工業者に依頼すると素晴らしい出来に仕上げることができます。プロが設営するため作りも本格的で、来場者への訴求力も非常に高くなるからです。初めのヒアリングが出来を左右するので入念に打ち合わせをしましょう。

名刺で売上げアップ

通常の名刺管理機能も優れているsansan。名刺をスキャンしたら、99.9%の高い認識率で、自動でデジタル化された顧客データを作成してくれます。sansanが評判の理由は、さらに社内と顧客の人の接点を可視化して、販売アップの戦略につなげるところです。